HOME>オススメ情報>自分のペースで学ぶことが出来る高校のカタチ
女子学生

単位制で通う日数は少ない高校

東京には数多くの通信制高校が存在しています。通信制高校は、一般的な全日制の高校とは異なり単位制の2期制なことが多いです。必須科目と選択科目が設定されており、高校卒業に必要な単位を3年間で取得するという形です。全日コースが用意されている学校もありますが、基本的に通信制高校は毎日学校に通うというスタイルではありません。科目によりますが、週に1度などスクーリングと呼ばれる授業に出席するのと、定期テストを受ける以外は登校の必要がないのです。普段はレポートと呼ばれる課題を自宅などで行い、郵送やスクーリングの際に直接持っていき提出します。スクーリングの出席日数とレポートの提出、定期テストの結果によって単位が取得できるかどうかが決まります。レポートはスクーリングや教科書で解いていく必要がありますが、学校によってはスクーリングのない日に自習室で教わることも可能です。

自分のスタイルで学べる

東京で通信制高校が注目されている理由としては、毎日学校に通う必要がないということです。自分のスタイルで学びながら高校卒業の資格が取得できるのは大きなメリットです。土曜日のみスクーリングがある通信制高校に通っている場合であれば、平日はアルバイトや趣味などに没頭し週末はしっかり勉強をするなどといった形です。実際、アルバイトだけではなくアスリートなどで通信制高校に通い普段はスポーツに汗を流している人も多いですし、アイドルやタレントなどの芸能活動をしているという人も通信制高校を上手に活用しています。なかなか集団行動するのが苦手という人や、社会人になってから高校卒業の資格が欲しくなった人など様々な人が通信制高校には在学していますので、そういった普通の高校では出会うことが出来ない人との交流を求めている人などにも注目されているのです。