大学の費用相場とは~評判を徹底解説~

女子大生

私立大学に通うと、学費が国立大学と比べて4倍以上かかり高額になります。では、実際に私立大学に通う場合では学費はどのくらいかかり、文系や理系でも値段に差があるのか、今回紹介していきます。私立大学では、初年度の学費が高い傾向にあります。初年度では、入学金=25万、授業料=86万、施設設備費=18万の合計130万前後が平均値となっています。大学や学部によっては多少の違いはありますが、おおよその平均値は130万前後となっています。しかし、文系と理系でも学費に差がでます。理系では、授業料が100万近くあるため、合計が150万前後になります。また、医学部や歯科系学部では、入学金=100万、授業料=270万、施設設備費=23万の合計460万前後が平均になっています。文系や理系と比較しても圧倒的に高くなっています。また、私立大学は奨学金制度が充実しており、お金がなくて大学に通うことができない学生にお金の援助を行っています。そのため、金銭的に余裕がない学生でも大学に通うことができます。そして、学業で優秀な学生には、給付型の奨学金で学費を免除したり、遠方からきている学生に給付型で奨学金を渡したりと様々な制度があります。そのため、国立や公立の大学に通うよりも安く通えることができる場合もあります。大学に通い始めてからでも、奨学金は申請することができるので制度の充実している私立大学への進学はおすすめです。

大学選びの基準~費用や奨学金について~

お金を持つ女性

大学を選ぶ際には、やはり学費が大きくかかわってくると思います。私立大学を選ぶ際には、自分の学力も必要ですが先ほども話したように奨学金のあるなしをみて選択するといいでしょう。私立大学では、奨学金の制度がない大学は少ないため、学費について不安と考えている方は、奨学金の種類や数を自前に調べて、学生の生活を支援してくれる大学を選ぶことをおすすめします。私立大学によっては、入学前に予約をおこなうことで、奨学金を1年次だけ給付することができたり、遠方から来た人に毎年奨学金を給付する大学があります。また、学費の安い私立大学もあります。大学によっては、初年度110万前後の比較的安い私立大学もあるため、学費が気になる場合はこちらの選択をしてもいいでしょう。今では、大学に通う学生が増えています。家庭が貧しいため進学が難しい状況にある方でも、奨学金を使うことや授業料が低い大学を選ぶことで、選択肢を広げることができます。将来のやりたいことを広げられるようにぜひ調べてみてください。